忍者ブログ
両国広小路は江戸一番の盛り場と言われ、諸国から芸人が集い芝居小屋が建ち競いました。 「大江戸両国・伝統祭」は 往時の賑わいを今に伝え現代に生きる手妻や大衆芸能を再認識する 大江戸ルネサンス祭りです!  第7回より改名しました。

第五回大江戸両国からくり祭 開催予告

  本年 2010年度 開催予定は
  10月9日(土)10日(日)の予定で準備企画中です!!  
昨年以上に楽しい演目とおもい、スタッフ一丸となり現在準備頑張っています。

なお現在、ボランティアスタッフ募集中です! 
下記メールまたは実行委員会までご連絡ください。  
詳細が決まり次第、この公式BLOG、チラシ等でお知らせしますので
   どうぞ皆々さま 御期待下さい!!

 「大江戸両国・からくり祭」実行委員会    事務局:株式会社 両国シティコア内
   〒130-0026墨田区両国2-10-14      TEL 03-5624-1151(代)
                              FAX 03-5624-1155        
   連絡用メール・アドレス ryougoku_karakurimaturi@mail.goo.ne.jp

 

PR

 
   2009年10月10日(土)11日(日)  両国シティコア センタープラザ特設会場 
                          (旧両国国技館 日大講堂跡 回向院隣)
 
櫻川寿々慶(すずよし)と梅寿峰会(ばいじゅほうかい)の皆さんは読売文化センターの
金町、錦糸町教室と各かっぽれ道場の葛西、押上、吾妻橋で稽古し、施設、イベント
参加等で社会奉仕活動をしています。
曲は 伊勢音頭、深川、奴さん、大津絵、かっぽれ、せつほんかいな、桑名の殿様 などを披露

     大江戸両国からくり祭 公式BLOG


 
  2009年10月10日(土)11日(日)   両国シティコア センタープラザ特設会場
                          (旧両国国技館 日大講堂跡 回向院隣)

 江戸の賑わいを醸す若手手妻師の藤山晃太郎さん登場です。
晃太郎さん曰、手妻とは、日本が江戸時代独自に生み出した、世界でも稀に見る
素晴らしい奇術・マジックで、舞踊の所作・見立ての要素・古典のしきたりを持った
芸能文化だそうです。その伝統芸能文化の一つ見立ての芸「金輪切(かなわきり)」の
巧みな手妻で観客を魅せ、更に新しい要素を加えた大曲芸手妻「金輪舞(かなわまい)」を
披露してくれました。
 今回は時々吹くビルの突風のため、その強風との 恐演 と相成り、横風に耐えながらの
アンバランス大道芸 ライブパフォーマンス的なハラハラドキドキの大曲芸披露となりました。
室内ホールでの金輪舞の披露映像と比較してみますと、この強風での曲芸がいかに大変
かがわかります。
下記の藤山晃太郎さんの公式HP 和妻悉皆屋に室内ホールでの金輪舞が
載っています。
また、本年藤山晃太郎さんは2010年3月 (社)日本奇術協会「ベストマジシャン」第1位に
選ばれました。晃太郎さんは江戸手妻を復活継承している藤山新太郎のまな(長男)弟子
でもあります。

     藤山晃太郎さんの公式HP 和妻悉皆屋

     大江戸両国からくり祭 公式BLOG



 
     2009年10月10日(土)11日(日)   両国シティコア センタープラザ特設会場
                             (旧両国国技館 日大講堂跡 回向院隣)
 
 江戸手妻を復活し、伝統継承している文化庁芸術祭大賞受賞者で日本手妻を
海外でも公演しひろめ成功している藤山新太郎さんです。更に新しい江戸手妻 
「植瓜術(しょつかじゅつ)」を復活され今回披露してくれました。
以前にも、「浮かれの蝶 (胡蝶の舞) 」「水芸」「お椀と玉」などを古い江戸時代の文献から
探し出し独自研究をされ、この江戸手妻の復活再現をされたそうです。
 また今回は強風の為、江戸時代の手妻師の大道芸がいかに自然現象との共存で
苦労しているかがよく分かるというライブパフォーマンスもあります。
 更に藤山師弟コンビの息のあった愉快な掛け合いの妙も見所です。

     手妻、和妻とは・・・  

    大江戸両国からくり祭 公式BLOG


                                      2010-05-11 00:02:22 UP



 
    2009年10月10日(土)11日(日)   両国シティコア センタープラザ特設会場
                            (旧両国国技館 日大講堂跡 回向院隣)

 西洋綱渡りは金属製のピーンと張った綱の上で渡るのとは違い、日本の綱渡りは
麻など自然素材の綱を使うため綱に上に乗ると重さでたわみバランスをとるのが
難しくなるそうです。また、日本の和風綱渡りは、ただの西洋物と違い、そのたわむ
綱の上でこの映像の様に魅せる技を披露し、市井の人々に楽しい娯楽を見せなな
ければならない、超難しい技でもあります。
 
     大江戸両国からくり祭 公式BLOG


2010-05-13 20:41:05 UP

- HOME -
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/21 cialis purchase online]
[03/30 Makaela]
[03/30 Demelza]
[03/30 Tike]
[03/29 Daveigh]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
大江戸両国・伝統祭 プロジェクト
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2006/10/25
自己紹介:
大江戸両国・からくり祭
実行委員会 公式ブログ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ | [PR]